ヘカトンケイル

ヘカトンケイルのイラスト

概要

ヘカトンケイル(Hekatoncheir)は、ギリシャ神話に登場する巨人である。空の神ウラノスと大地の女神ガイアとの間に生まれた神であるが、その異様な姿から巨人のモンスターとして認知されることが多い。

形態

多数の手と頭を持つ異形の姿をした巨人である。

特徴

  • 生まれてからウラノスによって奈落(タルタロス)に幽閉されていたが、全能の神ゼウスとその父親であるクロノスとの戦争(ティタノマキア)が勃発したとき、ゼウスによって救出されこれに加勢した。
  • 凄まじい怪力をもち、その力はギリシャ神話の中でも随一である。ティタノマキアの戦いでは怪力と手の多さを生かして巨大な岩を次々と投げ、膠着していた戦況を一変させる活躍をした。