ハスター

ハスターのイラスト

概要

ハスター(Hastur)はクトゥルフ神話に登場する旧支配者である。「名状しがたきもの」「邪悪の皇太子」などの異名を持ち、風を司る邪神であるとされる。ヨグ=ソトースの息子にしてシュブ=ニグラスの夫、そして大いなるクトゥルフの半兄弟とされる。

形態

詳しい姿はよく分かっていない。不可視の怪物だとか、直立する巨大なトカゲのような姿、あるいは巨大なタコのような姿をしているなどと言われているが定かではない。

一方、ハスターの化身としては「黄衣の王」という人型の姿が有名である。この姿は人間の倍ほどもある背丈で、白い仮面をかぶり、異様な模様のあるボロ布をまとっている。

特徴

  • ハスターは風を司る邪神の首領としてイタクァなどの神を束ねているとされる。また、有翼のモンスターであるビヤーキーをしもべとしている。
  • クトゥグァとは同盟関係にあるとされるが、一方で半兄弟のクトゥルフとは敵対しているといわれている。
  • ハスターの化身と同じ名前の本「黄衣の王」には、呪われた戯曲が記されており第二幕まで読むと発狂するとされる。

参考文献