帝江(ていこう)

帝江(ていこう)のイラスト

概要

帝江(ていこう)は「山海経」に記述のある古代中国の神である。古代中国に伝わる邪悪な種族「四凶」の生みの親とされるが、一方でこの四凶の一つである「渾沌」と同一視されることもある。

形態

黄色く丸いハムのような体に、6本の足と4つの翼が生えたような姿をしている。顔も目もなく、全身から赤い光を発するという。

特徴

歌や舞に精通した神ということはわかっているが、そのほかの詳しいことは不明である。