ディノサウロイド

ディノサウロイドのイラスト

概要

ディノサウロイド(Dinosauroid、または恐竜人間)は、1980年代にカナダの古生物学者デイル・ラッセルが提唱したモンスターである。恐竜が絶滅せずに進化した場合、人間のようになるのではないか、という仮定に基づいて考えられている。

形態

身長170cmほど。細かく滑らかな鱗に覆われた緑色の人型モンスターで、大きな目と3本の指が特徴的である。

特徴

  • 知能が高いとされているトロオドンの特徴を元に考案された。
  • この仮説は古生物学的には批判的に受け止められたが、SFなどの創作分野には多大な影響を与えた。
  • 外見から河童や宇宙人(特にグレイ)の亜種と混同されることもあるが、全くの別物である。