白澤(はくたく)

白澤(はくたく)のイラスト

概要

白澤(はくたく)は中国に伝わる聖獣である。日本では「古今百鬼拾遺」の最後に描かれており、妖怪に分類されることもある。

形態

日本では人面に近い顔をした、顔と体に合計9個の目が付いた牛のような姿だとされる。しかし、中国では麒麟に似た姿をしているといわれている。

特徴

  • 人の言葉を話し、あらゆることに精通している。徳の高い人物の前にのみ姿を現してその知識を教授する。
  • 古代中国の黄帝の前に姿を現したときは、この世の魑魅魍魎について事細かに話したと言われており、これを元に「白澤図」とよばれる最古のモンスター図鑑が作られた。