SCP-999「くすぐりオバケ」

SCP-999「くすぐりオバケ」のイラスト

概要

SCP-999「くすぐりオバケ」(The Tickle Monster)は、SCP財団によって収容されているモンスターである。オブジェクトクラスはSafeに設定されている。

形態

半透明のオレンジ色のスライムのような外見をしている。重さは50kg程度で、体は油性の未知の物質で構成されている。

特徴

  • 遊びたがりで無邪気な性格である。相手をくすぐって遊ぶ「くすぐりレスリング」を得意としている。
  • SCP-999に触れると幸福感に包まれるといわれる。また、触れたときにSCP-999の体から自分が心地よいと思う香りがただよってくる。
  • 人類にとって有害なものが多いSCPの中にあって、はっきり無害だと分かっている珍しいSCPの一つである。
  • SCP-682「不死身の爬虫類」と引き合わせて相手を無力化させる実験が行われたが、結果的にSCP-682の脱走を引き起こしてしまうことになった。

参考文献