SCP-374-JP「秘密結社キャッチ&リリース」

SCP-374-JP「秘密結社キャッチ&リリース」のイラスト

概要

SCP-374-JP「秘密結社キャッチ&リリース」は、SCP財団日本支部が確認した魚人のモンスターである。オブジェクトクラスはEuclidに設定されている。

形態

頭はブラックバス、体はスーツを着た人間の姿である。頭の部分は魚の腹部と首の断面がくっついたような形になっている。体の部分には男女の性別があり、体格には個体差もある。

特徴

  • 予告したターゲットを3時間の間だけ誘拐するSCPである。SCP-374-JPに触れられた人物は5分以上意識を失ってしまい、その間にどこかの個室のような空間に連れ去られる。
  • どんな物質もすり抜けてしまうため誘拐を阻止するのは不可能である。ただし、誘拐されたからと言って何か危害を加えられるわけではない。
  • 人間に比べると体が脆く、ゴム弾で撃たれた程度でも死んでしまうが、いくらでも湧いてくるため殺しても時間稼ぎにしかならない。
  • 東博士によってSCP-040-JP「ねこですよろしくおねがいします」のミーム汚染の実験台にされてしまい、なにか調子がおかしくなってしまった。

参考文献