ぬっぺふほふ

ぬっぺふほふのイラスト

概要

ぬっぺふほふは不気味な肉の塊のような妖怪である。死体の腐肉が寄り集まってできた妖怪だと言われている。

形態

顔のようなたるんだ肉のしわがある一頭身の化け物である。体色は肌色か真っ白で、白粉をべったりと塗ったような見た目のものもいる。大きさは子供と同じくらいである。

特徴

  • 意味もなくあたりを歩き回る妖怪である。見た目に反して素早く動くため捕まえづらい。
  • 徳川家康の城に出没し、家臣を驚かせたことがある。