ウロボロス

ウロボロスのイラスト

概要

ウロボロス(Ouroboros)は古代に象徴とされていたドラゴンである。尾をくわえた姿から死と再生、循環、無限などの象徴となっている。

形態

自らの尾をくわえた細長いヘビまたはドラゴンの姿をしている。

特徴

ウロボロスの竜のイメージは世界各地の様々な神話や宗教にみられる。一例としては、北欧神話のヨルムンガンドやアステカ神話のケツァルコアトルが挙げられる。