イスの大いなる種族

イスの大いなる種族のイラスト

概要

イスの大いなる種族(Great Race of Yith)は、クトゥルフ神話に登場するエイリアンである。銀河宇宙イスから来た実体を持たない精神生命体であり、時間の秘密を突き止めた唯一の存在であることから大いなる種族と呼ばれる。

4億8000万年前の地球に到来し、当時繁栄していた円錐状生物に精神を転移してその肉体を得た。しかし地球での宿敵である「盲目のもの」との度重なる戦いを経て、いずれは滅ぼされることを悟っており別の生物への転移を検討している。

形態

本来は精神体であり肉体を持たないが、現在肉体を間借りしている円錐状生物は高さ3mほどであり、2本のハサミと3つの目、そしてラッパ状の器官をもつ。

特徴

  • 別の生命体と精神を交換することが可能である。転移の範囲は非常に広範であり、別の銀河系や時空を超えた転移もできる。
  • 科学技術は極めて高度に発達しており、労働の必要がないため芸術が重視されている。
  • 精神体そのものの寿命は5000年ほどもある。