ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣のイラスト

概要

ジェヴォーダンの獣(Beast of Gévaudan)は、18世紀のフランスで目撃されたオオカミのようなUMAである。1764~1767年にかけて出現し、100人近い犠牲者を出したことでよく知られる。

形態

牛ほどの大きさのある巨大なオオカミに似た姿をしている。しかし大きく裂けた口と広い胸部、そして赤みがかった毛皮を持つ点でオオカミとは異なるのが外見上の特徴である。

特徴

  • 人間を狙って襲う凶悪なハンターである。特に女性や子供を好んで襲う傾向があり、逆に男性や大型動物(牛など)はあまり襲わなかった。
  • 恐ろしい唸り声や吠え声を上げ、住人たちを震え上がらせた。
  • 攻撃の際は獲物の顔や喉を狙い、噛みつきのほか鋭い爪を使って攻撃したとされる。顎の力は強力で人間の頭蓋骨を容易にかみ砕くことができた。
  • 跳躍力が高く、一度に9mの距離をジャンプできたと言われる。

参考文献